ダイヤモンドが見れる見れない

この間、お寿司屋さんにお仕事仲間と伺った際に、親方と「偽者」についての話で盛り上がりました。偽者のお寿司屋さんについてどう思いますか、と私がお聞きしたためです。

即答、「腹が立つ(笑)」が親方の答えでした。

(笑)

実は私も、親方の言葉を借りれば・・・腹が立ちます(笑)

偽者の鑑定士やジュエラーにです。

よく、業界の中でも「私はダイヤモンドが見れる」という言葉をつかう人がいるのですが・・・

どう見れるんだろう、何を見れるんだろうと思う時があります。

__

ソムリエの資格を持っているからといってワインのスペシャリストとは限りません。私はカラーコーディネーターの資格がありますが、プロフェッショナルとは到底言えないレベルです。

それと同様に、宝石鑑定士の資格を持っていても、その資格を取る前、もしくは後にどのような研究を重ね、そしてどれだけ宝石を見ているか(私の場合→ダイヤモンド)にかかってくるわけです。

逆に言えば、様々な事情で宝石鑑定士の資格を持っていなくても、ダイヤモンドを取り扱っている長年のキャリアでダイヤモンドが見れる人がいることも事実です。

私たちはジュエラーとして消費者のみなさんに誤解のないお仕事をしたり、誤解のない情報公開をするのが義務とされています。私もこの点に特に(激しく!)賛同しています。

お洋服はとても身近な存在なので、この生地が、この縫製が、と目利きのようにある程度品物の良しあしが判断することができるように思います。ただ、ジュエリーの場合、それがなかなか難しいものだと思います。

身近な存在に感じている方もいらっしゃるかも知れませんが、まだまだそうではないと思います。だからこそ、信頼していただけるように、謙虚な姿勢で説明をしなくてはならないわけです。

わかりにくい商材は、わかりにくいまま販売することができてしまうので、「なんだか怪しい」「なんだか怖い」となり、そのことから「どうせ買うならば海外ブランドのほうが信頼もあるし」という考え方に繋がって、国内ジュエリーブランド離れが進んでしまっている結果が今のジュエリー業界の様子なのではないかと思います。(もちろんそれだけではないのですが)

消費者の方には、宝石鑑定士の資格を持っている=宝石の鑑定に必要な基本的な知識を持っている人、と思っていただくのがよいかと思います。そう思っていただくことで、私たち資格保持者もその名に恥じないように研究を続けることができます。

私は毎日何十点もの宝石を顕微鏡やルーペで見ています。出来上がったジュエリーや、決定したため、加工を職人さんに出したものが上がってきて、出来上がり具合を検品をするためです。枠にセッティングされているダイヤモンドは1点あたり100石以上になるケースもあり、さらに直径が1㎜まで小さなものまで確認をしています。一つ一つのダイヤモンドの表情を確認していく作業でもあります。つまりは私が日常見ているダイヤモンドは枠に留まった状態のものを見ることが多いわけです。枠付きのダイヤモンドを見る割合が80パーセント、そして枠無しの状態で見る割合が20パーセントではないかと思います。裸石と言いますが、その状態で購入を希望される方へお勧めする際に、このダイヤモンドの魅力点などを顕微鏡で確認して記述してお渡しすることもあります。

また私は、カラーダイヤモンドも毎日見ています。それは枠に留まった状態もの、そして枠に留まる前のものです。カラーダイヤモンドには無数に色の種類があります。国内でこれだけ沢山のサイズ、多くのカラーを在庫として持っているダイヤモンド企業は他にないのではないかと思います。(あれば不勉強なので教えていただきたいです)以前鑑定機関から、色サンプルとして購入したいと言われたこともあるぐらいです。様々な色の違いを見ることができる環境にいることに感謝していますし、他のジュエラーよりもその点では特に知識を深めることができています。

大まかにまとめると、私のキャリアの場合、業界歴は13年、米国宝石鑑定士の資格あり、カラーダイヤモンドの知識が3割、カラーレスダイヤモンド(ジュエリー枠付き)の知識が4割、カラーレスの裸石3割と言ったところでしょうか。私がダイヤモンドを見れるか、と聞かれたら業界の同じ年齢の方々と比べれば「見れる」かと思いますが、DIAVANTEのダイヤモンドを選別しているキャリア40年の河村から比べたら幼子のようなものです。「見れる」だなんてとても言えません。

また、ダイヤモンドを見るという作業は、学校で教えてもらったカットやカラーやクラリティー(内包物)や、プロポーションを見ることだけに限りません。

審美眼が必要になります。ダイヤモンドの顔の表情や表面の照りや輝き、「性質(たち)」と見るわけです。目利きとは、審美眼だと思います。

どれだけたくさんのダイヤモンドを見たかによって審美眼は培われます。ダイヤモンドだけではなく、美術品や美しきものすべてに造詣が深くなけれは審美眼は培われません。美しいものを見ていなければ、何が美しいか、わからないと思います。

なので、まだまだキャリアが浅く、ダイヤモンドを時々しか扱っていない方が宝石鑑定士の資格を以て「ダイヤモンドが見れる」と言っているのを見ると本当に苦しくなります。ウソをついているということに悲しくなるのではなく、こんなに簡単に「見れる」と言ってしまう人が増えたら・・・この業界はどうなってしまうのだろうという気持ちになるから悲しいのです。

私たちはもっとがんばらなくてはならない業界なのです。セールストークだけうまくなってはダメなのです。

以前、ポーセラーツの先生がおっしゃっていました。「今はちょっと習っただけで誰でも先生になれちゃう・・・本当に怖い時代です。」と。

インスタ映えというような言葉が流行っているようですが、

沢山の情報の中から正しい情報を発信している人を見つけることができるのはそれもまた審美眼がある方だけに限られたことなのかもしれません。

 

 

 

LINEで送る
Pocket

月の雫

image

月の雫。

 

月が満ちる頃、

皆様にお会いできますように✨

 

月に隠されたお話をさせて頂きます…

知っているようで知らない世界。

image

生きているって楽しいですね✨

 

ダイヤモンドジュエリーを通じて、

ふと素敵だなあと思えるような、

そしてそれが生きる喜びになるような…

 

そんな世界観を皆さまと共有できたら幸せに思います✨

 

 

LINEで送る
Pocket

マーキーズ

EdelweissMQMarquise〜マーキーズ〜

 

マーキーズは侯爵夫人を表します。そして侯爵夫人の称号は、ポンパドール夫人を指すもの。

フランス国の繁栄のため、愛妾としてルイ15世に仕え、頭脳明晰であるため政治的にも采配を振るい、芸術家を育てる文化的なことにも進んで采配を振るっていたとされるポンパドール。

侯爵夫人の称号は、ポンパドール、そしてフランス国の名誉であり栄光の軌跡を表すものです

ポンパドールが侯爵夫人となった際にお祝いの船が沢山出たため、その船の底のカタチをしたダイヤモンドをマーキーズカットと呼んだ、という説もあるそうですが、

このカットが誕生し、製作技術が安定し、美しいものとなった際に、

優雅に膨らんだ曲線を結んだ先にポイントがあるカットを

その優美で端正な印象から、優雅の象徴であるポンパドールの栄誉と重ね合わせ、

マーキーズカットと呼ぶようになったという説も…✨

諸説ありますが、

何れにしてもお祝いや栄誉、優美さを表すマーキーズカット。

美しい✨image

image

ペンダントのバックサイドにはマーキーズのカタチのパーツを付けて、

アップスタイルやショートカットのヘアスタイルの後ろ姿もラブリー💓

image

お祝いのプレゼントに✨

そして

ご自身のお守りに✨

 

お選び下さいました皆様ありがとうございました💓

image

LINEで送る
Pocket

DIAVANTEはどちらで?

DIAVANTEさんのお品物はどちらで見ることができるのですか?という

お問い合わせをいただきます。ルース 001

私たちは東京白金台にSalon de DIAVANTEという会員制のサロンを構えておりまして、年に2回から3回、ジュエリーのフェアを開催しています。

 

毎回、沢山の会員の方がお越しになるので、本当にありがたく思っていますのと同時に、

私たちのジュエリーをゆっくりご覧になりお楽しみ頂けること、とても名誉のあることだと感じています。

IMG_7804

どのように考えてジュエリーを製作しているのか、ジュエリーの裏に隠れたストーリーやこだわり・・・ジュエリーの魅力について、じっくり聞いてくださるので、 私たちも製作者としてやりがいを感じているところです。

良い職人が私たちDIAVANTEの元を去らずに、長きにわたり一緒にお仕事をしてくれているのも、どのような方が自分たちが製作したジュエリーを見てくれているのだろうということを身近に感じるからではないかと思うことがあります。

職人がプライドを持って、気合と情熱をかけて製作したものは、私たちがその倍の愛情を持って・・・💍ご案内していくのが使命だと思っています。

 

ご予約の際に、「伺ったら買わなくてはならないのですか?すぐには決められないのですが」とおっしゃる方もいらっしゃいます。

「購入していただかなくても大丈夫です☆ジュエリーの輝きをお楽しみいただければ嬉しいです。そしてジュエリーの知識を沢山身につけてお帰りくださいね。」とお答えしています。

ちょっとのんびりしたフェアですが、それでも自分たちらしく穏やかに、おもてなしの気持ちでお客様をお迎えさせていただいております。             そしてきっとダイヤモンドとジュエリーが大好きになっていただけると思います。

こうして11年間続いているフェア・・・

次回は10月に開催いたします。後日、こちらでもご紹介いたしますので、ご興味のある方は白金台のSalon de DIAVANTEまでご一報くださいませ。

EdelweissMQ

Salon de DIAVANTE以外でご覧になりたい場合・・・

DIAVANTEは、全国の百貨店の宝石サロンに入っている販社や、全国網を持つ宝石の小売店に卸という形で商品のお取扱いもしていただいております。

もしお客様に百貨店の外商の方がついていらっしゃる方は、「DIAVANTEのこのコレクションを見たいのですが」とお声掛けいただければ、ご覧いただけるような流れを手配いたします。

また、お客様がお住いのエリアの、お取引のある百貨店をご紹介し、ご指定の日にジュエリーをお送りして百貨店で見ていただくということも可能な場合があります。

私が信頼している職人の数も多くない上に、丁寧に時間をかけて製作したジュエリーを一点一点すべて私が顕微鏡で検品しているため、数を沢山製作・用意する、ということが難しく、

沢山のジュエリーを何店舗にも常時配置することができないのです。

なので・・・お取扱店の店頭にもすべてのコレクションのご用意がなく、上記のように、ご覧になりたいお品をご指定いただければ、お取扱いの店舗にお送りする、というスタイルとなってしまいます。

 

こちらは↓Salon de DIAVANTEにて、会員様向けのイヴェントを開催した時のお写真。

IMG_0248

ティーパーティを開催しました。

Salon de DIAVANTEでは今後、宝石鑑定士の資格をいかして、ダイヤモンドセミナーや、ジュエリーのルール・上品な身に着け方などのレクチャーを開催してまいりたいと思っています🎀

ご案内もこちらで・・・させていただきますね。

 

長文、お読みくださりありがとうございました☆

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

りぼんりぼん

DIAVANTEのシンボル。リボン。

無限の可能性を信じたくて、ブランドを始めた11年前に私が考えたシンボル。

無限大(Infinity)のマーク∞をリボンにアレンジしたものです。

Pinkは愛の色を表しています。

 

DIAVANTE横

 

ディアヴァンテは元々New Yorkで、産声を上げたもの。

当時私が勤めていた外資系ダイヤモンド企業のNY支店が開発し、

日本展開を考えているという時期に

引き寄せられるように私が担当になり、

11年前に日本で展開したことがきっかけです。

image

11年前、まだ航空会社を辞めて間もなかった私は、

このリボンのマークに自分の、そしてDIAVANTEのこれからの姿に、そして

DIAVANTEジュエリーを愛してくださる方々の「無限の可能性」を

密かにかくして・・・おまじないのように閉じ込めたのです🍀

 

光のラインで結ばれたリボン。ご縁を結ぶリボン。

沢山の方々と輝きのご縁を結ぶ機会をいただいてまいりました。

 

「いい出会いを本当にありがとう🎀」とお言葉をいただくたびに11年前を

思い起こしています。

 

これからも無限の可能性を信じて・・・🍀

 

 

image

私の中でもとても大切にしているリボンを気に入り、お選びくださったマダムに

感謝いたしております。

 

ありがとうございました🎀

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

はじめまして!

皆様、ご訪問ありがとうございます。

 

新しいブログページを独自に開設いたしました。

こちらでは、今後はジュエリーの新作情報や、開発秘話、ストーリーなど

DIAVANTEブランドについての情報を掘り下げて発信していくつもりです。

どうぞお楽しみになってくださいね。(アメブロも続けます!)

 

今日は8月8日、8は横にするとインフィニティーを表します。

DIAVANTEのロゴマークはインフィニティーのマークをアレンジしたリボン🎀

この意味ある日に新しいブログをアップすることができました。

 

私達のジュエリーが末広がりに皆様に幸せをお届けできますように…✨

 

皆様、今後とも応援のほどよろしくお願いいたします。

 

DIAVANTE CEO 紺野圭子

frame

 

 

http://diavante.jp/konno-blog/

LINEで送る
Pocket